Allegis

by Kanabo Consulting Inc. on February 23rd, 2002

Allegis Corporation

所在地:1550 Bryant Suite 200 San Francisco, CA 94103

代表番号:(415) 551-0601

URL:www.allegis.com

設立年:1998年(市場出荷は翌年)

ステータス:未公開企業

沿革と事業概要:1999年2月、同社製品「Allegis Sales Partner 」の発表をきっか けに、Partner Relationship Management (PRM)市場におけるパイオニアとして広く 認識されるようになった。企業が、確実に顧客やパートナーのロイヤリティを掴み取 れる、というのが同社の目指すところである。Allegis Deployment Methodology (ADM) モデルは、各種企業が効果的なチャンネル管理と関連した、事業利益や問題点 を明確に把握できるよう設計されている。同社では、企業に対してEコマースの統合 戦略を支援しているが、チャンネル・パートナーに影響を与えるものではない。各種 企業が質の高いサービスをそれぞれのパートナーへ提供し、Eビジネスブームが築い た需要を満たすことが同社のフォーカスである。

保有技術の概要: 「The Allegis Sales Partner Solution」(セールス・パートナー・ソリューション)

同技術の導入により、企業は自社のデマンドチェーン・パートナーと協業し、従来以 上に幅広い市場で、多くの製品を多様な顧客層へ販売できる。同ソリューションは、 顧客に様々な事業利益をもたらすウエブでのXML (eXtensible Markup Language) アーキテクチュアの活用を前提としている。これらの事業利益とは、まず導入期間 が60日から90日であること、レガシー・アプリケーションの統合、サービス供給に支 障を与えることなく一箇所でアップグレード管理が完了すること、顧客のニーズに 沿ってサードパーティのセキュリティを付加できること等である。以下に示す5種の モジュールから構成されている:

① Partners:ベンダ各社はパートナーの許容範囲を把握した後、新規パートナーの 検証・選定を行う。これにより、ベンダ各社は新規パートナーが素早く製品販売を開 始できるよう準備することができる。

② Marketing: ベンダ各社はそれぞれのビジネス・ニーズに沿った情報や販売促進お よび宣伝活動を実現できる。オンラインでは、ベンダ側はマーケティング資金の予算 組立てや管理を行い、一方パートナー各社は申請や請求をすることが可能である。

③ Sales:オンラインにて顧客のニーズを捉え、評価した後に、最適と判断される パートナーへその情報を提供する。利点は、パートナー企業がベンダの直接的なセー ルスフォース(より多くの取引を獲得できるよう)と密接に関われること。

④ Services: トレーニングや認定プログラムの管理および測定用にインフラを提 供。Self-serviceでは、ウエブ上でパートナー各社が質問への回答を受ける他、リク エストもできる。

⑤ Intelligence: ベンダ各社はチャンネル・プログラムにおける効果の評価、パー トナーによる生産性の検証、チャンネル販売の性合予測を実現できる。これらの総合 的な情報を基に、ベンダは今後のチャンネル活動や投資状況を事前に把握できる。

Allegis社ではこの他に「Market Partner」製品群も打ち出している。同製品はビジ ネス・ネットワークを構築し、多種多様な企業に対してコラボレーションを通じたソ リューションの市場出荷、販売、流通を実現させるものである。企業では事業パート ナーの能力を活かして、市場の拡大、販売実績の向上、出荷までの時間短縮が期待で きる。上記で説明した「Allegis Sales Partner」および 「Allegis Market Partner」は独立した製品群ではあるが、ニーズの形態によっては組合わせた利用も 可能である。


Posted in Company Profile    Tagged with no tags

Search

Follow

follow on
Tags

no tags