Viisage Technology

by Kanabo Consulting Inc. on November 1st, 2002

Viisage Technology (ヴィサージ・テクノロジー)

■創設:1996年

■ステータス:上場企業(NasdaqNM:VISG)

■所在地:30 Porter Road Littleton, MA 01460

■連絡先:Tel (978)952-2200 Fax (978)952-2225

■URL: www.viisage.com

■経営陣:Denis K. Berube(会長)、Bernard C. Bailey(社長兼CEO)、Milton A. Alpern(CFO)、Cameron L. Queeno(CMO)、Bob Schmitt(顔認識事業部SVPおよび GM)

■売上実績など:主にシステム導入、カード製造、その他関連サービスより収益が発 生している。2002年10月31日に発表された財務報告によると、2002年第3四半期にお ける収益総額は$811万(2002年9月29日決算)で、前年同期の$612万と比べ約32%の 増加となっており、同社側では2003年後半をめどに収益黒字を計上するよう予測して いる。

■経営体制と今後の動き:2002年3月、世界規模でカジノ産業向けに顔認証ソフトウ エアを供給するBiometrica Systemsを買収した。一方、10月の発表では$2900万~ $3100万とされた2002年度の収益指標に見合うよう、経費制約と企業の体制改革に向 け人員削減(全体の16%に相当する21名)に踏み切る方針を明らかにした。これによ り、同社では年間でおよそ$210万の経費節約を見込んでいる。

■事業概要: マサチューセッツ州に本拠を置くViisage Technologyでは、生体認証分野を専門にデ ジタルID装置およびソリューションを供給。個々人の利便性と安全性を高め、不正行 為の防止、ID発行に要するコスト削減に重点を置きながら製品展開を行っている。特 に、自社のシステム統合およびソフトウエア設計機能を、特許取得のソフト/ハード ウエア製品と産業標準製品の両方に採りいれ、完全カスタマイズ型のソリューション を構築している。これらターンキー方式によるソリューションでは、画像とデータ キャプチャの統合をはじめ、リレーショナルDBの形成、異なる生体認証の組合わせ、 ユーザが自由に情報の転換・管理を行うための各種機能も実現。アプリケーションと しては運転免許証、選挙投票者の登録、パスポート、犯罪捜査、社会事業、アクセス コントロール、PCネットワークおよびインターネットアクセスにおけるセキュリティ などが主に挙げられる。同社の顧客ベースは、DMV(Department of Motor Vehicles :運転免許試験所)など各種政府機関を中心に幅広く、2002年11月現在、米国内13州 12000拠点を対象に年間2000万通を超えるID書類作成に活用されている。

■保有技術および特長: 同社の顔認識技術は、MIT(マサチューセッツ工科大学)のメディア研究所にて開発 されたアルゴリズムに基づく。現在は、同社の筆頭株主でもあるLau Technologyとの 協業により、顔認識技術の開発を進めている。同社の企業や組織を対象とした、特許 取得技術の顔認証ソフトウエアには、顔面の特徴を数学的に分析する、あるいは固有 顔によって顔画像を認識(eigenface)する、といった高度なアルゴリズム が用いられている。このeigenfaceは認証(DBを通じて一対多数で検索す る方法)、および照合(保存された特定の顔画像に、一対一の割合で照合させる方 法)用の両システムに利用されるものだ。同社の認証ソフトウエアでは、個人のei genface識別子を即時に算出した後、僅か10秒以内でDBに保存された何百万 件もの記録を検索し、対象に類似した顔画像を抽出できる点が特長とされている。 尚、同社の生体認証事業部が展開する製品群は、以下に挙げる5つの分野に焦点を 絞ったものだ:①FacePass(入退出アクセスコントロール)、②FaceNet(PCネット ワークおよびインターネットアクセスにおけるセキュリティ)、③FaceExplorer(リ アルタイムの大規模なDBアプリケーション)、④FacePIN(金融取引用のATMに代表さ れるPoint of Saleアプリケーション)、⑤FaceFinder(監視アプリケーション)。


Posted in Company Profile    Tagged with no tags

Search

Follow

follow on
Tags

no tags
Recent Newsletters