Coghead

by Kanabo Consulting Inc. on November 1st, 2006

Coghead, Inc.(コグヘッド)

■設立年:2003年5月

■ステータス:未公開企業

■所在地:325M Sharon Park Drive, #223 Menlo Park, CA 94025

■URL: www.coghead.com

■社員数:17名(2006年9月現在)

■主な経営陣: Paul McNamara氏(共同設立者およびCEO:同社設立に先立っては、El Dorado Venturesの駐在起業家として務めていた)、Greg Olsen氏(CTO:2001年にPeregrine Systemsが2億2,700万ドルで買収したExtricityの共同設立者)、Brian Reaves氏(VP of Service Delivery)。2006年10月には顧問委員会にSteve Bourne氏をはじめJohn Seely Brown氏、Guy Kawasaki氏、Ariel Poler氏、Rocky Roccanova氏、Vishal Sikka氏と業界有識者6名が参画した。

■最近の資金調達状況: 今年初頭に完了した最初の調達ラウンドにて、El Dorado Venturesより320万ドルを確保。

■事業概要およびサービスの特長: エンドユーザが独自に開発できるDo-It-Yourself(DIY)型のウェブ構築サービス。その内容は多様だが、同社では特に、これまでカスタムアプリケーションの開発や、こうした業務の外部委託を強いられてきた法人向けに、ホスティングアプリケーションの開発サービスを専門としている。同社製ソフトにおける最大の特長は、ドラッグ・アンド・ドロップ/ビジュアル機能の搭載により、基本的なExcelマクロやデータベースアプリケーションを記述する程度の知識があれば、誰でもロジスティックス・トラッカーをはじめCRMプログラム、プロジェクト管理システムなど高度な企業アプリですら、簡単に構築できる点にある。この他、企業にとっては、新規のハード/ソフトウエアを購入する必要がない事、インターネットへの接続環境であれば、場所を問わずアプリケーションにアクセス可能な事、本質的にマルチユーザ対応である事、IT部門の煩雑な業務と干渉することなく、低コストでアプリケーションのカスタム開発が実現できる事、データとアプリケーションを集中/遠隔管理できる点でもメリットがある。Cogheadを利用してアプリケーションを構築する際、それに対応するウェブサービスのインターフェースが自動的に整備される。さらに、他のアプリケーションから外部のウェブサービスを統合させる機能も備えている。要するに、Google Mapや株式市場のフィードなど他のウェブサービスと統合できる、マッシュアップ・アプリケーションを構築するためのプラットフォームである。

■当該市場の現状と今後の課題: 同社製品は、パッケージソフトとカスタムプログラミングの中間に定義される。こうした製品に対する市場は、未だ完全に成熟していないが、規模としては非常に大きいと期待されている。一方、同分野における課題は、用語の統一感が欠如している点である。例えば、開発者の間で使われる「テーブル」や「ビュー」という表現が、Cogheadでは「コレクション」(フィールドのコレクションという意味)とされていたり、アプリケーションによって使用される用語が異なっている。競争のかなり激しい同分野で他社との競争に勝つためには、先ず、利用者が導入製品の選択を戸惑わないように、用語の標準化を行うことが必要であろう。


Posted in Company Profile    Tagged with no tags

Search

Follow

follow on
Tags

no tags
Recent Newsletters