Cloudera- Hadoop (Open Source) Vendor

by Kanabo Consulting Inc. on July 27th, 2010

Cloudera(クラウデラ)

■技術の分野:オープンソース
■ステータス:未公開企業
■設立年:2008年10月
■社員数:30名程度(2010年7月現在)
■所在地:1409 Chapin Avenue, Third Floor Burlingame, CA, 94010
■連絡先:650-362-0488
■URL:www.cloudera.com

■主な経営陣
Michael Olson氏(CEO)、Jeff Hammerbacher氏(VP of Productsおよびチーフサイエンティスト)、Amr Awadallah氏(CTO)。エンジェル投資家のGideon Yu氏をはじめScott Dietzen氏、Andrew Braccia氏、Ping Li氏など13名が取締役会に在籍している。

■最近の資金調達状況
2009年3月に完了したシリーズAの投資ラウンドでは、Accel Partnersを主体にDiane Greene氏、Qi Lu氏、Jeff Weiner氏、Marten Mickos氏、Gideon Yu氏、Caterina Fake氏の個人投資家から500万ドルを調達。これより僅か3ヶ月後には、同社にとって新たな投資機関Greylock Partnersが牽引し、Accel Partnersも参加する形でシリーズBの投資ラウンドを600万ドルで完了させた。これらの調達資金は、販売、マーケティング、サポート、事業開発の領域に注力しながら運用していく方針。

■事業および技術概要
Google開発のデータ処理モデルMapReduce技術を基盤に、Hadoop(Apacheが開発するオープンソースを利用した、分散処理プラットフォーム)のエンタープライズ向け支援事業を展開。タスクを細分化させ、複数の低コストなサーバーで大容量のデータを並列処理することができる。導入企業では、従来のデータベースを利用する方法に比べ、遥かに多量のデータマイニングが可能になる。2009年3月、Java向けHadoopをRed Hat基盤のLinuxサーバに簡単にデプロイできるよう、パッケージ化された「Cloudera Distribution for Hadoop」を発表。また、今年6月には、有償ソフトウエアとして初の「Cloudera Enterprise」をリリースした。企業でのApache Hadoopプラットフォームの利用を支援する、次世代データ管理用ソフトウエアである。同社CEOによると、現在、バイオインフォマティクスや政府機関等の産業を中心に、導入実績は着実に増加している。この他、FacebookやYahooなど様々なウェブ企業においては、カスタマイズの推薦や的を絞った広告コンテンツの配信などデータ量の多いタスクに活用。将来的には、リテールをはじめ金融やライフサイエンス業界における企業顧客への拡散を目標にしている。

■業界有識者らによる起業
同社の起ち上げには、データベースの分野で経験豊富な人物が携わっている。現CEOに就任しているMike Olson氏は、Sleepycat Software社(オープンソースを利用した埋め込み型データベースエンジン、Berkeley DBの開発企業)を経営し、Oracle社に売却。その後、Oracle社では2年間、VP for Embedded Technologiesとして務めた。一方、Googleにおいては、自社のソフトウエアプロジェクトに向けて検索アルゴリズムの構築を先導したChristophe Bisciglia氏も設立者のひとりである(現在は、米国内の大学機関において、大規模なデータ処理をテーマに教鞭を取っている)。この他、Amr Awadallah博士(共同設立したVivaSmart社を僅か一年以内でYahooに売却。同技術は、Yahooのショッピングサービスにおけるコア技術として利用されている)、Facebookのデータチームに組成から統括に至るまで一貫して携わったJeff Hammerbacher氏などもCloudera社のスタートに重要な役割を担った。データ処理技術の専門家が、同分野における近年の課題を踏まえ、それぞれの知識と経験を集約した企業である。


Posted in Open Source    Tagged with no tags

Search

Follow

follow on
Tags

no tags
Recent Newsletters