UiPath

by Kanabo Consulting Inc. on April 24th, 2018

UiPath(ユーアイパス)
 
■技術の分野:RPA自動化ロボット
■ステータス:未公開企業
■設立年:2005年
(ルーマニア、ブダペスト市で設立)
■社員数:世界全体で600名
(2018年3月現在:LinkedIn調べ)
■所在地:311 W 43rd Street, Floor 13, New York, NY 10036(本社)
■URL:https://www.uipath.com/
 
■主な経営陣
Daniel Dines氏(設立者およびCEO)、Marius Tirca氏(共同設立者およびCTO)、Bobby Patrick氏(Chief Marketing Officer)、Ashim Gupta氏(
Chief Customer and Partner Success Officer)など本社在職の経営陣に加え、世界に広がるグローバル拠点にも多数存在。
 
■最近の資金調達状況
2018年3月に完了した投資ラウンドでは1億5300万ドルを調達。既存のAccel、Earlybird’s Digital East Fund、Credo Ventures、Seedcampに加え、CapitalGおよびKleiner Perkins Caufield & Byersも同ラウンドへ新たに参加した。その結果、現在までの総調達額は1億8300万ドルに到達。UiPathでは、最新ラウンドでの投資を世界規模での事業拡張と雇用増加を主体に運用していく方針。同社CEOのDines氏は、この他、導入顧客のデジタル事業運用において機械学習とAIを統合させるべく、革新的な製品ロードマップの開発活動も迅速化させて行く意向も示している。
 
■事業および技術概要
2005年にルーマニアのブダペスト市で起ち上げ、2015年に本社をニューヨーク市へと移転。2018年に入って約2か月の間に雇用者数を倍増させ、現在、世界14か国の拠点に600名の人材を抱え、顧客ベースAllianz、Exxon、GE、 HP、Walmart、VMWareといった大手企業を筆頭に700社を超えている。UiPath開発のRPA自動化ロボットは、人間が創造的かつ複雑な業務へ時間を効率利用できるよう、報告作業や監査、監視、スケジューリング、ワークロードおよびアセット管理など反復的な業務を自動実行するもの。Microsoft社のWorkflow Foundation、XAML書式を適用させ、NuGetによる製品モジュール、動作シナリオのバージョン制御、Elasticsearch/Kibana等のオープンソースを利用したアーキテクチャを特長とする。対象オブジェクトや文字イメージなど多様かつ高度な方法で操作対象を認識。これらの認識方式に基づいて、SAP/Oracle EBSに代表されるERP製品をはじめ、Windowsデスクトップアプリケーション、SaleseForceといったクラウドサービスによる提供製品などWebアプリケーション、Citrix環境等の仮想デスクトップ統合(VDI)にも柔軟に対応できる。

この他、人間による操作方法を監視・自動記録する機能も備えている。同社のプラットフォームを利用する企業顧客では、年間の使用料を支払ってソフトウェアロボットを設計することができる。また、複数のロボットを追加し、新たな自動処理業務を管理することも可能。現時点での競合にはWorkFusion、Kryon Systems、Pega’s Robotic Automation等がある。



Posted in Company Profile, Robotics and AI    Tagged with no tags

Search

Follow

follow on
Tags

no tags
Recent Newsletters