Vianai

by Kanabo Consulting Inc. on October 30th, 2019

Vianai Systems, Inc.(ヴァイアナイシステムズ)
■技術の分野:AI
■ステータス:未公開企業
■設立年:2019年
■社員数:17名(2019年11月現在:LinkedIn調べ)
■所在地:Palo Alto, CA
■URL:www.vian.ai

■主な経営陣
Vishal Sikka氏(設立者およびCEO)、Adam Their氏(CTO)、Tao Liu氏(Operations)、Luis Cardozo氏(ML Modeler)、Sanjay Rajagopalan氏(Design, Innovation and Technology Strategy)、Jake Klein氏(Head of Platform)他。
 
■最近の資金調達状況
2019年9月、シードラウンドで5000万ドルを獲得(投資家の詳細は非公表)。シリコンバレーに存在する多数の新興企業の中でも、シードレベルで高額出資を受ける事例は実に稀である。

■事業および技術概要
InfosysのCEOとして3年間務め、AI技術に基づくエンタープライズソフトの開発を手掛けVianaiを設立。同社では、AI技術に基づくソリューションを活用し、大企業にとって短期で膨大な価値をもたらすサービスに注力している。
導入先において、Vianaiでは人間の感情に焦点を当てながら、コンセプトの調査、理解力の追求、組織に価値のあるビジネス上の課題点の探索・特定を行った後、どのような方法でデータと技術を使って適切な解決を見出せるかを判断する。導入先の中でもBank of New York Mellonは成功事例として挙げられる。同行では自社システムを経由する特種なトランザクションにおけるミスを予測する目的で使用。一日当たり何百億ドルにも上るトランザクションが影響を受け、自社の収益は然ることながら株価まで懸念される中、Vianai技術の導入により、システム設計の考案から着手し、データを効率利用しながら洗練されたAIに基づき、短期間でビジネスバリューを生み出すに至ったとされている。

■競合他社との差別化
AIの背景となる概念そのものには殆ど変化が無いものの、コンピューターパワーの上昇と着実な情報量の増加を受け、多数の企業がAIベースの技術導入を採用するようになった。同社CEOの Sikka氏は、多くの企業では、必要以上に複雑なツールを使ってAIとML基盤のシステムを導入する傾向にあると感じている。これに対しVianaiでは、既存のAIモデルで設計されたソフトウエアを活用しながら、より迅速に目標達成できるような方法で、プラットフォームデータを簡単に取り扱えるソリューションに取り組んできた。同氏は技術者だけでなくビジネスユーザも手軽に使え、両者間で協業できるような技術開発を目指している。既にシードラウンドで高額な出資を確保していることから、当面は事業開発に専念することができることも同社にとってメリットになっている。


Posted in Company Profile, AI    Tagged with no tags

Search

Follow

follow on
Tags

no tags
Recent Newsletters