by Kanabo Consulting Inc. on April 26th, 2021

Auditoria.AI(オーディトリア ドット エーアイ)

■技術の分野:バンキングAI
■ステータス:未公開企業
■設立年:2019年
■社員数:11~50名(2021年4月現在:LinkedInより)
■所在地:2445 Augustine Drive Suite 150
Santa Clara, CA 94054
■URL:https://www.auditoria.ai/
 
■主な経営陣
Adina Simu氏(共同設立者およびChief Product Officer)、Rohit Gupta氏(共同設立者およびCEO)、Gaurav Bhatia氏(共同設立者およびCTO)、Barry Kent氏(VP of Sales)、Gaurav Bawa氏(VP of Engineering)他。
 
■最近の資金調達状況
現在まで二回の投資ラウンドで資金調達を行った。2021年3月31日に完了した最新のシリーズAでは、VenrockのリードによりB Capital Group、Workday Ventures、Engineering Capital、Firebolt Venturesが参加した形で1550万ドルを確保。総額で2150万ドルの出資を受けている。

■事業および技術概要
2019年、ファイナンシャルチームを対象としたAI駆動の自動化ソリューションの開発を手掛けカリフォルニア州サンタクララを拠点に設立。機械学習をはじめ自然言語処理、AIを融合させた主力製品「Auditoria SmartFlow Skills」では、社員間の摩擦や人為的ミスによる反復を排除しながらファイナンシャル部門でのバックオフィスにおけるビジネスプロセスの自動化、リアルタイムによる予測分析を実行。通常であれば数日から数週間の時間を要す日常的なビジネスプロセス(典型的なものでは調達、決済、発注、現金化、記録、報告など細部に渡り400以上に上る)を完全自動化に転換させることで、可視化を向上させると同時に意思決定の加速化を図ることができる。近年においては、様々な金融アプリが展開されている一方で、大企業を含め企業内の財務処理に関しては依然、手作業がその大半を占めている。このため、先に述べた人為的なミスの発生に加え、社員間のコミュニケーションにも影響も出るため、結果的にはコストが上昇する他、GAAP監査要件を満たすため限られた期間内で証拠データの提出を余儀なくされるといった厳しい状況が見られる。

Auditoriaのworkflow orchestration engineではクライアントの電子メール(インボックス)、アプリ、その他の記録された金融システムから抽出したデータを、アルゴリズムを介して人的作業を必要とする箇所に使用。同社の説明によると、同ソフトウェアでは企業における高リスクのアカウントを監視すると同時に、自然言語を通じて利害関係者らとのコミュニケーションを図る他、支払いに関する問い合わせに応答したり、サプライヤに関する情報入手、ファイナンシャルキー(KPI)の予測を自動解析することもできる。現在、同社製品の導入企業は世界規模で200社を超えるが、競合にはBotkeeperやZeni等も存在する。

by Kanabo Consulting Inc. on January 12th, 2021

Remotion(リモーション)
■技術の分野:ビデオコミュニケーション
■ステータス:未公開企業
■設立年:2020年
■社員数:9名(2021年1月現在:LinkedInより)
■所在地:San Francisco, CA
■URL:https://www.remotion.com/
■主な経営陣
Alexander Embiricos氏(共同設立者およびCEO)、Charly Ho氏(CTO)、Stewart Taylor氏(ソフトウェアエンジニア)他。
 
■最近の資金調達状況
2020年10月初旬、ベータ版の公開と同時にシリーズAの投資ラウンドで1300万ドルを調達したと報告。同ラウンドはGreylock、一方のシードラウンドはFirst Roundがそれぞれリードする形で実現。

■事業および技術概要
コロナ禍の長期化に直面する企業では、社員らが効率的かつ快適なリモートワーク環境を確保するための技術を求める傾向が強まっている。こうした状況を背景に、企業全体における連携や協業に役立つ多様なソリューションが誕生している。Zoomはその先導的なものであるが、会議の日時を設定し、指定されたパスコードで参加者が管理されているため、会議の主旨に沿った話題や仕事に関する話が主体となることから、自ずとかしこまった環境が形成される。こうした状況を見据え、Remotionでは、企業で実際に仕事をしていた時を思わせるような環境、つまり仕事だけでなく、同僚と世間話をしたり、昼食時に自分の家族や趣味の話を気軽に交わせる様なリモートワークの場を目指している。リモートワークにおいては、時間や場所の制約が少ないため、個々人の効率性が向上するといった利点がある。同時に、オンラインを使った同僚や上司とのコミュニケーションでは、先に述べたように、会議形式がメインとなるため、自分の考えを気軽に表現したり、他者の率直な意見やアイデアを普段の会話の中から認識することが難しい。仕事上でのコミュニケーション機会が減ることで、社員における精神的な孤立感覚が芽生え、チームワークを介した効率性や創造性の低下にもつながる。Remotionはこの点を解決すべく、同僚の存在を一目で確認できる画面設計に努め、相手がまるで近くに存在するような感覚で、いつでも自由にコミュニケーションを図れるインフラを実現させた。同社サービスにおける最大の強みは、機能を必要最低限に絞り込み、実に簡単に使える点にある。Remotionのインストールが完了すると、画面上に同僚の顔写真が映し出され、自分のステータスを設定・確認し、相手にビデオチャットの開始をリクエストするだけでコミュニケーションができるようになる。この他、基本的ではあるが、画面共有機能も搭載されている。ステータス表示は、Open(いつでも話ができる状態)とAround(話ができる状態になったら応答してチャット開始可能)のいずれかを選択できるため、常時コンピュータ画面で待機するような義務感を感じる必要がなく、小規模なバーチャルオフィスとして、ストレスフリーの環境を構築することができる。

by Kanabo Consulting Inc. on October 30th, 2020

Axis Security(アクシスセキュリティ)

■技術の分野:コンピュータセキュリティ
■ステータス:未公開企業
■設立年:2018年
■社員数:40名(2020年9月現在:CrunchBase調べ)
■所在地:3 East Third Ave, Suite 203 San Mateo, CA 94401
■URL:https://www.axissecurity.com/
■主な経営陣
Dor Knafo氏(共同設立者およびCEO)、Gil Azrielant氏(共同設立者およびCTO)、Tamir Hardof氏(CMO)、Dan Parelskin氏(VP Sales)、Shuky Chen氏(VP R&D)他。
 
■最近の資金調達状況
2020年9月、シリーズBの投資ラウンドで既存の投資機関であるTen Eleven VenturesおよびCyberstartsより3200万ドルの資金を調達。これにより、設立以来、調達総額が4900万ドルに達した。今回の調達資金は、製品販売とマーケティング事業に運用し、北米以外での市場拡大を目指していく。

■事業および技術概要
2019年、カリフォルニア州サンマテオ市を本拠に設立。コロナ禍の影響を受け、米国では自宅からの勤務を許可する企業が増加傾向にある。こうした現状を踏まえ、Axis Securityでは、顧客の請負会社や第三者業者が、顧客のシステムに安全な手段で遠隔からアクセスできる技術の開発に取り組んだ。同社CTOのGil Azrielant氏によると「自宅から働く人々に適応したセキュリティ」を短期間で実現させたのは、その概念を支える技術を白紙の状態から考案したことが背景となっている。新型コロナウィルスの感染状況が進行の一路を辿ることが、この概念を更に後押しすることになった。同社製品の基盤となった「ゼロトラスト」の概念は、システム上ではユーザを全く信用できないため、そうした環境での業務はセキュリティの観点から実行が不可能というもの。このため、顧客はルールに基づくエンジンを使用し、ユーザの役割に適応した安全な環境を構築することができる。Application Access Cloudでは、ユーザ側で閲覧、実行、ダウンロード、アクセスする全ての対象に関して使用機器、ロケーション、ユーザの役割、ユーザにおける通常の実行タスク(または通常とは異なるもの)に応じて決まるアクセスレベルによって管理を行う。同社によると、現在、企業での導入件数は数十社とのこと。本社を置くサンマテオ市とイスラエルのテルアビブ市の2拠点を合わせ40名の社員を抱えており、導入件数の増加を視野に入れ、来年までには人種の多様性を尊重しながら、雇用者数を100名に増員するよう計画している。


◀ Older Posts


Search

Follow

follow on
Tags

no tags