by Kanabo Consulting Inc. on July 18th, 2022

BlueNalu(ブルーナル)

■技術の分野:食品
■ステータス:未公開企業
■設立年:2017年
■社員数:35名(2022年7月現在:LinkedInより)
■所在地:6197 Cornerstone Ct E, San Diego, CA 92121
■URL:https://www.bluenalu.com/

■主な経営陣
Luo Cooperhouse氏(社長兼CEO)、Christoper Somogyi氏(設立者および会長)、Courtney Benson氏(Scientist III)、Noreen Hobayan氏(Director of Quality & Regulatory Affairs)、Lauran Madden氏(CTO)、Amir Feder氏(CFO)他。

■最近の資金調達状況
BlueNaluでは設立以来、9件の投資ラウンドを経て現在までに総額8480万ドルの資金を調達。2021年1月に完了した最新のラウンドでは6,000万ドルを確保した。これまでに参加した25の投資機関の中では、Siddhi CapitalとLosa Groupが最も活発的である。

■事業および技術概要
細胞を基盤とした培養魚介類の開発に取り組むカリフォルニア州サンディエゴ拠点の企業。世界において増加の一路を辿る魚介類の需要を満たすと同時に、近年、重要視される環境問題や持続可能性(サステナビリティ)に対する解決策としての食品供給に努めている。持続可能な状態にある海洋水産資源は、1974年に記録された9割から2015年には約67%へと減少しており、その傾向は継続している。一方、水産食品に対する需要が上昇を続けると同時に、マイクロプラスチックが蓄積された魚の消費による人体への有害性における懸念も高まっている。こうした現状への解決策として、同社では細胞培養によってブリや本マグロ、シイラ、レッドスナッパーなど、あらゆる種類の水産物を開発。最新ラウンドで調達した資金の一部は、試験的な生産施設を立ち上げ、米国内における外食産業での試験展開に運用されていく方針。その一環として、製品の管理、研究開発、生産を目的に現行の6倍に相当する新施設の拡大を実現させた。将来的にはひれ魚、甲殻類、軟体動物等を含む幅広い魚介類の培養を目指している。現在のところ同社が発表した戦略的投資パートナー企業にはNutreco(オランダ)、Pulmuone(韓国)、住友商事、米国のグリフィスフーズおよびRich Products Corporationの5社がある。また、アジア市場における培養魚介類の商用化を迅速化するため、タイ・ユニオンのほか三菱商事との提携関係も締結している。


by Kanabo Consulting Inc. on April 26th, 2022

Ascend(アッセンド)
■技術の分野:保険証券業界向けソフトウェア
■ステータス:未公開企業
■設立年:2021年
■社員数:35名(2022年4月現在:LinkedInより)
■URL:https://www.useascend.com
 
■主な経営陣
Andrew Wynn氏(共同設立者および共同CEO)、Praveen Chekuri氏(共同設立者および共同CEO)、Nick Rockwell 氏(Head of Business Operations & Growth)、Alexander Lee 氏(Senior Software Engineer)、Alexander Lee
氏(Senior Software Engineer)他。
 
■最近の資金調達状況
2022年1月、シリーズAの投資ラウンドで3000万ドルを調達すると同時にHudson Structured Capital Managementより融資条件付きで2億5000万ドルの資金を確保。うちエクイティファンドに関しては、Index Venturesがリードする形でDistributed Ventures、NFP、HSCM Bermuda、XYZ Venturesの新規投資機関に加え戦略的エンジェル投資グループも参加した。この他、First Round Capital、Susa Ventures、FirstMark Capitalといった既存の投資機関も加わっている。2021年9月に完了したシード投資の550万ドルを加算すると、エクイティファンドの総額は3900万ドルとされる。

■事業および技術概要
保険証券業界向けに「buy-now-pay-later」方式によるプレミアムファイナンスの自動支払ソフトを開発。現時点ではAPIとダッシュボードの2種が提供されている。同社技術を利用する保険証券ブローカー、MGA、キャリアー側ではオンラインチェックアウト機能を提供することで、複雑な人的作業や高コストなプロセスを排除しながら、より多数の証券を販売することが可能になる。昨年7月のサービス提供開始当時、顧客ベースの範囲は国内20州程度であったが、現在では全米規模へと拡張。VouchをはじめCowbell、Newfront、Boost Insurance、 NFP、LuckyTruck、Rogue Risk、Portal Insurance、Riskwell等の大手企業での導入件数が拡大しつつある。導入企業の間ではPOSの際、柔軟な月額支払の選択肢があることで、顧客側が保険証券を気軽に購入する傾向が見られるようになったとされている。これらの中には、4割程度であった新規顧客の割合が導入後、倍増の8割に引き上げられたと報告する企業もある。

by Kanabo Consulting Inc. on January 10th, 2022

Momentum(モーメンタム)
■技術の分野:コンピュータソフトウェア
■ステータス:未公開企業
■設立年:2020年5月
■社員数:約15名(2022年1月現在:LinkedInより)
■所在地:180 Sansome St, Fl 2, San Francisco, CA, 94104
■URL:momentum.io
 
■主な経営陣
Santi Suarez Ordoñez氏(CEOおよび共同設立者)、Moiz Virani氏(CTO)、Ashley Wilson氏(COOおよび共同設立者)、Ardy Malihi氏、Silas Huereca氏、Phil Whelan 氏(いずれもエンジニアリング)他。
 
■最近の資金調達状況
2021年11月に完了したシード投資ラウンドでは、Basis Set VenturesのリードによりInovia Capital、Leadout Capital、South Park Commonsが参加して総額500万ドルを調達。
■事業および技術概要
情報源の多様化と多数の人材が関与するセールスプロセスは、想像以上に複雑なものである。近年の例を挙げると、大手SalesforceがSlackを270億ドル余りの高額で買収するなど、セールスプロセスの円滑化、効率性、連携機能の向上に向けた動きが見られるようになってきた。サンフランシスコ市を拠点に2020年に設立されたMomentumでは、連携層の自動化を通じてセールス部門と、組織における他すべての部門間の関係構築を目指すソフトウェアを開発。同社の共同設立者らは、セールス部門の社員においてはSlackやSalesforceの利用に留まらず、Google CalendarやAsana、Jiraなど様々なツールを活用しながら、一か所からフォローアップを自動化できる技術が必要である点に着眼した。以下では、同社技術における主な特長を挙げた:

1Salesforceにおける案件等のビジネスチャンスを単一の場所からSlackで一括的に可視化できる。
2Salesforce IDの入力により、自身だけが閲覧可能な設定により案件を確認することができる。
3ステージや完了日時分野等に関する情報を更新することで
Slackからの案件を動的に更新できる。
4 Google Calendarとの同期化による会議日程の確認、
Google Driveを使ったファイル利用も可能。
5メッセージのハイライトにはチャットの様にEmojiを使用したり、MomentumではいずれのファイルもSalesforceへ自動的に保存する。


◀ Older Posts


Search

Follow

follow on
Tags

no tags